英語を活かすなら貿易事務の仕事がおすすめ【求人情報に詳しく記載】

募集を探す3つの方法

PC

webディレクターの求人を見つける方法はいくつかあります。それは、インターネットの就職情報サービスを利用したり、知り合いの力を借りたりすることです。また、従来からある就職情報誌を購入して探すのも良いでしょう。

詳しく見る

応募条件に当てはまるか

タクシー

タクシー運転手の求人は他の職種に比べると応募条件が緩和されています。特に年齢制限がゆるいところが魅力的です。定年退職後の働き口として考えることもできるでしょう。まずは応募条件をよく見てから応募することが大事です。

詳しく見る

仕事情報が豊富

オペレーター

コールセンターの求人は経験者や未経験者向けに出ていますし、雇用形態も様々で充実しています。そのため、少ない中から仕方なく応募する求人を選ぶのではなく、好条件の企業にだけ応募するという形で選考を受けられます。

詳しく見る

高齢でも就職できる

タクシードライバー

タクシーの会社が人気なのは高齢でも雇ってもらえることがあるからです。特に東京ではタクシーを利用する人が多いことから、比較的、高齢でも採用してくれる会社が増えてきています。運転手ではなく内勤という形もできて便利です。

詳しく見る

世界をまたにかけよう

履歴書

貿易事務の求人は正社員より派遣が多いですが、所属する場所により内容は多少異なります。あらかじめどんな「貿易事務」をやりたいのかをメモに書いて面談のときに使える武器を持っておくと採用率も高まるでしょう。

詳しく見る

語学力を活かす仕事探し

事務員

特に英語力のある方向け

最近では語学を学んでいる方がかなり多く、その能力を仕事に活かしたいと考えている方が、いろんな求人情報に目を通すことも多いはずです。その中で貿易事務という仕事であれば、英語などの語学力を活かしつつ、仕事でも常時使うことになりますので、語学力自体を向上させることも可能なのです。さて実際に貿易事務の仕事を探す前に、その仕事内容について、十分に理解しておくことも重要なことになっています。貿易事務は大きく分けて、輸入に関する業務と輸出に関する業務に別れますが、実はその業務内容は違ってくるのです。輸入に関しては通関の手配や商品の納品に関する管理、そして関税や消費税などの税金関係の支払い業務が中心になります。輸出に関しては通関に関する書類作成と申請、運送便の手配などが中心となっており、求人情報に詳しく記載されているので、確認しておく必要があります。また求人情報には付帯する業務についても記載されているのですが、この業務範囲については面談時にも確認するようにします。次に貿易事務の求人を探すときにですが、できれば貿易関係の仕事に強い人材紹介会社などを頼ると更に良いです。業務が事務とはいえ貿易関係という専門的な仕事を行いますし、語学力が採用基準になるケースも多い仕事です。こういった事情に明るいのが、貿易事務に特化した人材紹介会社になりますので、まずは相談してみるのも良いはずです。このように身についている語学力を活かす仕事として、貿易事務というものがありますので、その仕事内容について研究してみると良いです。

Copyright© 2018 英語を活かすなら貿易事務の仕事がおすすめ【求人情報に詳しく記載】 All Rights Reserved.